2006年05月29日

〔最終回〕元気な入間都市宣言

〔最終回〕元気な入間都市宣言

 これまで私たちが馴染んできた社会は、行政(国、都道府県、市町村)の第一セクターと、企業の第二セクターで構成され、営まれてきました。しかし、NPOが地域の中で身近な課題に取組む重要な役割を担い、経済活動でも一定の生産性を持つようになってくると、社会全体におけるNPOの存在感が増し、社会の新しい勢力として第三セクターが形成されてきました。いわば二極構造の社会から三極構造の社会へ転化してきています。二極構造ですと、どちらかの力が増長すれば、偏った社会になりますが、三極構造ですと、それぞれの力関係の調和が生まれやすく、バランスの取れた社会になると考えられます。
続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:45| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第10回〕NPO法人の成立と期待

〔第10回〕NPO法人の成立と期待

 NPOには任意団体と法人の2つがあります。法人は特定非営利活動促進法(1998年施行)に基づいて法人格を取得したものです。
 任意団体のNPOは全国にどのくらいあるのか判りません。ある調査では8万〜10万の数という話が出ましたが、一つの推測です。一方の法人は法的手続きをしていますから、その数は判ります。2006年2月末現在で25,682団体となります。

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:40| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第9回〕ボランティアとNPO

〔第9回〕ボランティアとNPO

 第7回のところで、ボランティアは個人であり、NPOは組織であるという話を少ししました。今回は、その辺りのことを含めて、ボランティアとNPOとの関係について述べます。
 ボランティアは自発的に地域や社会のための活動をする人のことです。ボランティアは個人の発意の行為ですから、その個人に対しては無報酬が原則だと考えます。
 仕事を持っているボランティアなら土曜日や日曜日、あるいは平日の夜などの時間を利用して活動するでしょう。時間的な制約がある中での活動ですから、無理をするとその人自身が疲れてしまいます。だから「できる人が、できる時に、できる事を」というのがボランティアであることのコツだと言われています。

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:35| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第8回〕暮らしの課題とNPOの働き

〔第8回〕暮らしの課題とNPOの働き

 今回は、内閣府が発行した「暮らしの課題とNPO」(2004年)を参考に、NPOが地域の中でどのような働きをするのかを紹介します。例えば、次のようなケースがあります。
 引越しをしてきた母親が、子育ての助け合いの仕組みをつくった話です。その人は、子育てに孤軍奮闘していたところ、自分と同じ境遇の母親が多いことに気づいたのです。母親どうしが助け合って子育てができないか?そのような気持ちが生まれました。【課題の発見】

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:30| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第7回〕想いを力へ変えるNPO

〔第7回〕想いを力へ変えるNPO

 元気な入間は、市民の一人ひとりの入間のまちづくりに対する想いが原点となります。その想いは、「助け合って子育てをしていきたい」、「住み慣れたところで暮らし続けていきたい」、「定年後も生きがいをもって暮らしていきたい」、「安全で住みやすい街にしたい」、「環境にやさしい街にしたい」、「賑わいのある街を取り戻したい」など様々です。こうした市民の想いは、まちづくりのエネルギーの素です。ただ想いがいっぱい集まっても、十分ではありません。「こうありたい」「そうなれば良いのになぁ」という想いから「私はこうする」「自分はどうする」という行動へ移すことで、まちづくりの力になるのです。
続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:25| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第6回〕あんだんべぇ、元気な入間

〔第6回〕あんだんべぇ、元気な入間

 4回にわたって市内で起こっている市民が主役のまちづくり活動の事例を見てきました。市内には紹介した事例のほかにも多くの活動があり、それら一つひとつが元気な入間の素になっています。
 さて、このブログで大切なテーマとなっている、元気な入間とはなんでしょうか。今回はその辺りのことに触れてみます。

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:20| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第5回〕元気な入間の紹介-4

〔第5回〕元気な入間の紹介-4

C学んで力をつける−エンパワーメント
 入間市の歴史を振り返ると、今で言う生涯学習のさきがけとなる公開講座「豊岡大学」が大正14年(1925)から昭和14年(1939)にかけて開催されていました。
 この「豊岡大学」は、豊岡町長を務めた繁田武平が地域青年の教育を目的として、豊岡公会堂で開催した公開講座で、全国的に見てたいへん先進的な取組みでした。男女、年齢、学歴を問わず参加でき、当時の政治家はじめ有名人の講義が聴け、全25回開催された講義の中には、粕谷義三氏(前衆議院議長で入間在住)、犬養毅氏、尾崎行雄氏等をはじめ毎回3〜5人の講師が講演、参加者は150〜500人程度でした。

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:15| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第4回〕元気な入間の紹介-3

〔第4回〕元気な入間の紹介-3

 B文化を創る―「文化創造アトリエ・アミーゴ」
 「いるま太鼓セッション」に続き、市内での文化創造の取組みを見ます。入間市が東京郊外のベッドタウンとして成長し、多くの新しい市民が移り住んできました。その状況の中、身近な街中での自主的な文化活動(演劇、音楽、絵画など)が盛んになってきました。いわゆる「市民文化」の発露です。


 

アミーゴ
続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:10| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第3回〕元気な入間の紹介-2

〔第3回〕元気な入間の紹介-2

A文化を創る―「いるま太鼓セッション」  
太鼓セッション01 入間市のもともとは武蔵野台地の街道沿いに点在する集落が時代とともに村や町としてのまとまりを持ち大きくなり、1966年に6村1町が合併し入間市が誕生しました。翌年、1町が加わり、今の入間市の基本形ができました。その後は、東京郊外のベッドタウンとして人口が増加し、都市基盤が整備され、今日に至っているわけです。
 

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:05| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第2回〕元気な入間の紹介-1

〔第2回〕元気な入間の紹介-1

 @平地林を保全する 
 市内に現存する平地林は、武蔵野台地における人と自然が長い年月をかけて創りあげてきた生態系の姿です。平地林は農業と連関させながら農家の方々が代々守り育ててきましたが、農家の高齢化や兼業化によって管理が難しくなり、相続によって処分せざる得ない事態が増え、市内の平地林は減少しています。
 入間市へ引越しをされてきた市民の中には、平地林の緑に魅せられたという人が少なくありませんし、その平地林が年々少なくなる状況に心痛ませている市民もいます。平地林の保全には、人々の価値観や法制度に関わる問題が含まれていますが、いまの時点で取組めることを取組むことが重要です。
どんぐり林鳥瞰

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 11:00| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔第1回〕市民が主役のまちづくり

 駿河台大学公開講座「彩・ふるさと喜楽学」(飯能市と入間市の共催事業)で、4月に講義した内容を基にして「市民が主役のまちづくりとNPO」を数回にわたって述べていきます。

 [犬塚裕雅]

〔第1回〕市民が主役のまちづくり

 まちづくりは、道路を整備したり、施設を建設したりする話だけでなく、福祉サービス、子育て、環境、生涯学習、文化、商店街、安全な食べ物、安心できる地域社会など、いろいろな分野に幅広く関わってくる話です。だから、まちづくりは誰でもが暮らしの中で関係してきます。
 そのまちづくりは、入間市においては市役所が毎年予算を計上し、福祉、教育、文化、道路、施設、環境、農業、商業などの様々な分野において、まちづくりの仕事を進めています。また、市役所だけでなく県や国もまちづくりの仕事を行っています。それらは、もっぱら行政の仕事となっていて、市民もまちづくりは行政の仕事だと思っています。そのために税金を払っていると考えています。

続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 10:48| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

副会長 犬塚さん講義レポート

犬塚氏講演 「まちづくりサポートネット元気な入間」副会長の犬塚裕雅さんが、2006年度駿河台大学公開講義 彩(いろどり)・ふるさと喜樂学(きらくがく)の第2回講師として、4月22日登壇されました。
「市民が主役のまちづくり」と題して1時間半の中身の濃い講座となりました。
※講義録のまとめ

 
続きを読む
posted by まちサポネット元気 at 19:16| Comment(0) | 市民が主役のまちづくりとNPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。