2008年03月22日

NPOフォーラムぜ〜んぶ埼玉2008に参加

CIMG4169.jpg浦和コミュニティセンターでNPOフォーラムぜ〜んぶ埼玉2008のネットワークを考える分科会がありました。タイトルは「あなたのまちの中間支援センターを知っていますか」です。

日時: 2008年3月22日(土)13:30〜16:00
場所: 浦和コミュニティセンター
タイトル:NPOフォーラムぜ〜んぶ埼玉2008
分科会:ネットワークを考える分科会
   「中間支援センターに求める事・求めたい事」
   あなたのまち(地域)の中間支援センターを知っていますか
コーディネーター:越河澄子氏
    (NPO法人さいたまNPOセンター専務理事)
報告団体:
 山田さち代氏: NPOカフェ・ところざわ
 片桐和紀氏: NPO法人NPOくまがや
 康 法子氏: NPO法人NPOネットよしかわ

概要:
・越河さんから、今中間支援センターが機能していないのではないかとの問題意識で分科会を設けたとの説明
・NPOカフェ・ところざわの山田さんは、2か月に一度の連絡会で40団体が集まる場を作って、情報交換や講座を開催。今後はまちづくり条例の講座を開催したいと考えている。課題は広報が弱いこと
・NPOくまがやの片桐さんは、15年前に早期退職をして熊谷氏のマスタープラン策定にかかわったのを機会にその時の仲間10名ほどとまちづくりのNPO法人を立上げた。
・活動団体を紹介する「まちづくリスト」をここ3年間発行を継続している。作製にあたって市からも一部補助を得ている。また市民祭りの企画も行っている
・NPOネットよしかわの康(こう)さんからは、まちづくりとひとづくりを目指すNPO法人を今年1月に立ち上げたことが報告される。主な事業は、相談事業、情報サポート、交流事業、コーディネート事業など
・さらに、政策提言や、アイデンティティ創造、コミュニティ放送など特徴ある事業を計画している模様
・私からは、入間の中間支援についてまちサポの例を紹介、市民活動センターでの事業について報告
・市民になかなか理解してもらえない中間支援について各組織は共通の課題をもっているようだ。
・最後にコーディネータの越河さんから、ぜひ各地域の中間支援組織を結ぶネットワークを作りたいとの話しがあった
(渡部記)
posted by まちサポネット元気 at 22:37| Comment(0) | まちづくり情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。